Daytona2022
835/1116

φ3(収縮後内径 約φ1.8)φ6(収縮後内径 約φ3.5)φ8(収縮後内径 約φ4.7)黒タイプ内径φ3.2(3m)内径φ6.4(3m)内径φ9.5(1.2m)内径φ15(1.2m)φ19(収縮後内径 約φ9.5)φ25(収縮後内径 約φ13)φ38(収縮後内径 約φ20)φ1.7(収縮後内径 約φ0.9)(26mm)(5個入り)φ2.7(収縮後内径 約φ1.4)(40mm)(5個入り)φ4.7(収縮後内径 約φ2.4)(40mm)(5個入り)内径φ3.2(3m)内径φ6.4(3m)内径φ9.5(1.2m)内径φ15(1.2m)赤タイプ■配線小物■ウインカーリレー■ホーン¥880(¥800)16064 16065 ¥1,210(¥1,100)¥880(¥800)16066 16067 ¥1,210(¥1,100)16068 ¥1,100(¥1,000)16069 ¥1,430(¥1,300)16070 ¥1,100(¥1,000)16071 ¥1,430(¥1,300)ハーネスのハンダ付けの後処理や裸端子の絶縁に最適。大口径タイプでコネクターをスッポリ覆うことも可能。全長120mm。2本入り。収縮温度:90℃44068 ¥495(¥450)44069 ¥605(¥550)44070 ¥935(¥850)18812 ¥385(¥350)18828 ¥440(¥400)18827 ¥550(¥500)¥825(¥750)16043 ¥880(¥800)16044 16053 ¥1,100(¥1,000)16057 ¥1,210(¥1,100)16064962019620218812(収縮前)188121882816043160689620318812(収縮後)1882744068不良や抜ける等の原因となります。※溶着剤は完全防水ではありません。施工状況により、溶着材が配線の銅に密着しない場合があります。※ライターの火などで炙ると焦げたり、均一に収縮されない場合があります。※加熱にはヒートガンを推奨しています。※端部はほつれないように処理を施してください。内径φ6内径φ8内径φ10内径φ124406944070注意:商品番号(品番)末尾の*印は、在庫切れ次第生産中止となる商品です。在庫をご確認のうえ、ご注文ください。掲載の商品は、予告なく品番・価格・仕様が変更になる場合があります。熱収縮チューブ(スタンダードタイプ)Heat Shrink Tube (Standard Type)ハンダ入り熱収縮チューブHeat Shrink Tube with SolderメッシュスリーブBraided Sleeving 熱収縮チューブ(大口径タイプ)Heat Shrink Tube (Fat Type)ハーネスのハンダ付けの後処理や裸端子の絶縁に最適。全長70mm。10本入り。収縮温度:90℃。96201 ¥385(¥350)96202 ¥495(¥450)96203 ¥550(¥500)収縮率1/3の高い密着性で、複数の配線もすきまなくキッチリまとまります。熱による収縮時に内部の接着剤が溶け出し密着することで絶縁や防水性を高めます。リールタイプのパッケージで必要な分だけ引き出すことができてむだなく使用することができます。●材質:ポリオレフィン ●収縮開始温度:70℃。120℃で完全に収縮します。 ●耐熱温度:-45〜125℃ ●耐電圧:600Vリング状のハンダが入った収縮チューブ。線の継目にダブルリングのハンダが溶け込み収縮することで確実&楽に結線可能。透明なので作業しやすい。チューブ内の色付の溶着材が加熱時に配線に密着することで、施工後の抜け防止・防水に役立ちます。●収縮開始温度:約80℃ ●収縮終了温度:約125℃ ●ハンダ溶解温度:約138℃ ●収縮比率:約2:1※ご使用の際はハンダが溶けるまで加熱してください。ハンダを溶かさずチューブの収縮のみで結線すると、導通ポリエチレンテレフタレート(PET)の編み込みで伸縮性があり、耐摩耗性・耐熱性・耐薬品性を備えています。縮めて広げればカプラーごと入れることが可能です。●材質:ポリエチレンテレフタレート(PET)●全長5m●耐熱温度:-50℃〜+150℃●内径φ6:φ3.2〜φ11.1の太さまで対応。内径φ8:φ4.4〜φ12.7の太さまで対応。内径φ10:φ4.8〜φ15.9の太さまで対応。内径φ12:φ6.4〜φ19.1の太さまで対応。価格は「税込金額(税抜金額)」で表示しています。配線小物熱収縮チューブHeat Shrink Tube ハーネスのハンダ付けの後処理や裸端子の絶縁に最適ハンダが溶け込むので、確実に結線できます。自由な長さにカットして無駄なく使える配線の保護や補強に最適803

元のページ  ../index.html#835

このブックを見る