Daytona2022
392/1116

加速度 +ANTIVIBRATIONMODULE アンチバイブレーションモジュールSP CONNECTSP CONNECTSPMOTOSTEMMOUNT モトステムマウントSPCLUTCHMOUNT クラッチマウント装着例:アンチバイブレーションモジュール(19143)+モトマウントプロ(99490)装着例:アンチバイブレーションモジュール(19143)+モトマウントプロ(99490)(19143)適合マウント(24024)適合マウント構成部品ブラック(99490)モトマウントプロ (99492)モトステムマウント(99494)バークランプマウント (17077)バークランプマウントプロ(99687)クラッチマウント (17078)クラッチマウントプロ(17806)モトマウントプロ クローム(17705)クラッチマウントプロ クローム(24586)バークランプマウントプロ クロームクローム価格は「税込金額(税抜金額)」で表示しています。注意:商品番号(品番)末尾の*印は、在庫切れ次第生産中止となる商品です。在庫をご確認のうえ、ご注文ください。掲載の商品は、予告なく品番・価格・仕様が変更になる場合があります。99492 ¥9,350(¥8,500)構造図構成部品構成部品99687* ¥8,250(¥7,500)19143 ¥3,949(¥3,590)24024 ¥4,609(¥4,190)セパレートハンドルに取り付けることができるステムマウント。ステムホールが空いたセパレートハンドル車専用。航空機に使用されるアルミ合金からCNS切削加工で削り出したマウントには、SP CONNECT独自の振動減衰システム(※1)を採用しています。ステンレスボルト使用。適合径: 12〜14.9mm、15〜17.9mm、18〜19.9mm、 21〜23.9mm、24〜26.9mm、27〜29.9mm※1 振動減衰システムは、バイクからの微細な振動を軽減させますが、スマートフォンのカメラを保護するための機能ではありません。※ オートバイ固有の振動によるスマートフォンへのダメージをさらに軽減させるため、アンチバイブレーションモジュール(19143/24024)の同時装着を推奨します。非装着モトマウント(標準振動軽減システム)装着状態アンチバイブレーションモジュール装着状態周波数 +スマートフォンホルダー「SP CONNECT」のモトマウントシリーズに同時装着することで、振動によるスマートフォンへのダメージを軽減できる別売オプション。独自開発の振動軽減ラバーによる3D振動軽減効果で、スマートフォンに加わる振動などを最大60%まで抑制し、最新のスマートフォンに搭載されるカメラなど繊細な電子機器へのダメージを軽減します。各マウントのフォンケース装着部を交換して取り付けます。本体は航空機にも使われるアルミ合金のCNC切削加工仕上げ。回転方向は6°刻みで360°細かい角度調節が可能です。※ 本品の動きを制限する恐れがあるため、シリコンバンドを外してご使用ください。また、スマートフォンの脱落を防ぐため、フォンケース装着の際は取り付けを目視でもご確認ください。※ 本品を装着することで、車両から伝わる振動・衝撃によるダメージをより軽減するためのモジュールです。スマートフォンの全ての故障を回避できるものではありません。※ 最新のスマートフォン(特にiPhone10以降のモデル)を使用する場合、アンチバイブレーションモジュールの同時装着を推奨します。19143:ブラック●サイズ:W50×H15(mm)ブラッククロームメッキクラッチ・ブレーキレバークランプに取り付けできるマウント。国産車の他、ハーレーダビッドソンにも取り付けできます。航空機に使用されるアルミ合金からCNS切削加工で削り出したマウントには、SP CONNECT独自の振動減衰システム(※1)を採用しています。ステンレスボルト使用。付属ボルト(M6×20mm/UNC1/4インチ-20)スマートフォンのカメラは、上下のスプリングによってフローティング状態に支持されているレンズを、電磁石の制御によって適宜移動させることでオートフォーカスを行なっています。このフローティング支持を担うスプリングに対して強い衝撃や継続的な振動などのダメージが加わり変形が生じることで、適切なレンズの移動が行なえず、ピントが合わないといった症状が生じることを確認しました。※ このため、本品の使用前にフローティング支持を担うスプリングにダメージが蓄積されている場合、本品の使用を開始後にスマートフォンに不具合が生じることもありますので、ご了承ください。24024:クロームメッキ※表面はクロームメッキ仕上げです。スマートフォンカメラの構造と装着時のご注意最新のスマートフォンへのダメージを軽減360

元のページ  ../index.html#392

このブックを見る